ローンの過払い請求で弁護士費用ってどうなっているの?

最近もうさすがに少なくなってきているようですけれども、過払い請求に関するCMってすごいやっていましたよね。カードローンを使っていた人からしたら臨時ボーナスになっていいのかもしれませんが、どうも私には良さがわかりません。というよりも、あれがどういう仕組なのかがわからないのです。

特に弁護士費用というのはどのくらいかかって、どこからもらっているのかと思います。着手金なども必要な場合が多いかと思いますが、カードローンの過払い請求はどういう仕組なのでしょうか。

過払い請求の弁護士費用はたいてい成功報酬制だ

もうさすがに下火になってきているという指摘は当たっているんですけれども、今後は過払い請求の弁護士費用を成功報酬制になっているところがほとんどです。弁護士費用が成功報酬制ということは最初の相談料であるとか着手金なども無料になっているのです。で、過払い請求に成功した時にだけお金がもらえるというようになっています。

実際に過払い請求に成功するか失敗するかはその弁護士の腕によっているわけですが、業者によっても成功する場合と失敗する場合があります。失敗と言ってものらりくらりと交わすというのが基本で、裁判でもまじめに取り合わないで結果として長引かせるというような戦法を取ってくる事があります。こういう業者の場合はコストばかりがかかるので弁護士費用が高くなるか断られることもあるでしょう。

一般的には示談になってそこでいくらの返還をするかを決めて、その返還した金額のうち、2割や3割が返ってくるというのが通常よくあるパターンといえるでしょう。裁判になってそれが判決まで行くということは余程のことがない限りありえません。時間もかかりますし、誰も得をしないので業者側から示談を言い始める事が多いでしょう。

というように成功報酬制になっているので弁護士費用については大してかからないと思っていいでしょう。その代わり過払い請求についてはそろそろ時効が近づいているということもありますから、まだやっていないという人は急いだほうがいいかもしれません。

弁護士費用にローンを利用することはできるの?

離婚や交通事故などで弁護士を依頼する機会は、人生において何度か経験するものです。そして弁護士費用は、一般的に言って非常に高い金額であるといえます。さらに離婚の場合は、調停が成立すると成功報酬を支払わなければなりませんし、交通事故の場合も解決までの時間が長引き、費用がかさんでしまう可能性があります。ですから弁護士費用は当初予定していた金額よりも、高くなってしまうことがほとんどなのです。しかしそれだけの貯蓄があれば良いのですが、なかなかそうはいかない現状もあります。

弁護士費用が支払えない時にまずできる対応が、依頼した事務所に分割払いなとについて交渉してみることです。事務所にもよりますが、月々の支払額について配慮してくれる場合もあります。しかし交渉しても思うような支払額にならなかったり、費用についての交渉そのものができない場合もあります。そんな時に是非考えてほしいのが、カードローンやキャッシングの利用なのです。ローンを利用するというと抵抗があるかもしれませんが、キャッシングの利用目的に制限はなく弁護士費用でももちろんOKです。しかも審査が早くお金がすぐに借りられるため、裁判などの進行に影響を与えることもないのです。

さらにキャッシングにおける毎月の返済金額は、借り入れ時に相談することができます。毎月の収入を考慮し、支払い可能な金額を設定してくれるのです。さらに銀行系のキャッシングであれば、収入の1/3までしか借り入れができないという、総量規制の対象にならないため、より多くの金額を借り入れることができるのです。どの会社でお金を借りるかによって、利息や毎月の支払い額は大きく変わりますから、インターネットなどで多くの情報を得るのが上手に利用するコツです。そして利用の申し込みは、今は来店しなくても可能ですし、銀行やコンビニのATMから借り入れや返済もできますからとても便利なのです。

弁護士費用の支払いが滞ってしまえば、重大な人生の問題をずっと引きずってしまいます。上手にローンを利用して弁護士費用を支払うことが、今後の生活を明るいものにしてくれるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪頑張って融資!≫中小企業の味方です!優良消費者金融紹介! All Rights Reserved.