アコムの返済日は好きな様に決められる?

キャッシングベスト3

アコムは自分の好きな様に返済日をコントロール可能?

一度借入を消費者金融からした時に、給料日の前が返済日という大変な日程だったことが合って、それから消費者金融は使っていませんでした。ただ最近聞いた話によるとアコムの場合は返済日を自分の好きな日時に決められるって聞きました。

これなら返済日を給料が出た直後にすることも出来ますし、便利だと思うんですが本当なんでしょうか。アコムの場合は返済日に関するルールはどういうふうになっているんでしょう。

アコムの返済日は自由に決められるが一定条件がある

アコムほどの大手業者であれば最近はほとんど自分の好きな様に返済日を決められたり、給料日から余裕を持って返済できるような日時になっているようですが、アコムは自由に自分で返済日を決められるということもあり、使いやすいかと思います。自分で決められる返済日と決まっている返済日の2つがあり、条件なども違うので確認はしておきましょう。

アコムの場合は自分で返済日指定をすると、毎月1回その日までに返済をしなければなりません。その返済というのが基本的には振込やATMを使った返済になります。返済方法で口座振替をして自動引落をしてほしいという人もいるかもしれませんが、この場合は35日ルールという別の返済方法を使わなければなりません。

アコムのもう一つの返済日に関するルールというのがこの35日ルールです。35日ルールというのは簡単に言うと返済日の35日後にまた次の返済日がやってくるというもので、これはかなり返済を楽にしてくれるのです。大体年間で言うと返済日を2回分少なくすることができるので、毎月の生活を楽にしたいのであれば、こちらを利用すべきでしょう。ただし引き落とし日を指定することは出来ませんので注意を。

というようにアコムでは振込やATMを使った返済方法を選ぶのであれば、返済日もコントロールすることが出来るというわけです。これならば返済日が給料日の前にやってくるということもないので借入をやりやすいかと思います。返済を効率的にやりたいという人にはアコムは使いやすいのではないかと思います。

アコムで利用できる3タイプの返済日の長所と短所

カードローンなどの返済日は各社独自に設定されているケースがあります。例えば、同じリボルビング方式で消費者金融と銀行のカードローンでは異なります。一つの返済方法に限定されている場合や複数の返済j期日を設定できるものなど利用にあたっては確認しておきたいものの一つです。そんな中でアコムの場合は返済日が3つの設定方法から選択できます。35日サイクル、指定期日、毎月6日に設定される口座振替の3タイプで、それぞれに特徴があり、注意点があります。

35日サイクル制は消費者金融に多い方法です。利用する側のメリットとしては返済期日が35日間隔で動く点で、収入状況に応じて臨機応変に対応できることがメリットです。ただし、この35日サイクルには利用期間が長くなる、うっかり忘れることが多くなる点があります。365日で計算すると35日サイクル制は10回超となり、年間では返済回数が約2回分少なくなります。しかし、通常で年12回払いで比べた場合、返済期間自体が長くなり、その分だけ利息が増える点があります。

アコムの指定期日は利用者自身が返済日を選べる方法です。メリットは給料日や他の返済に合わせて設定できる点で、給料日が25日だとすると27日に設定することもできます。この指定期日の注意点としては先の例で15日以前に返済を行うと月2回の返済となることです。例えば、10日に返済しても返済期日は変動しません。この返済に関しては追加返済となり、27日にもう一度返済することになります。

口座振替に関しては毎月20日を締めの日として翌月の6日に口座から引き落とす方法です。このメリットとしては年12回、確実に返済できることで、35日サイクル制と比べると2回分多く残高を減らすことができます。注意する点としては21日に利用した分は次回の返済として翌々月の返済として計算されますが、締め日の前の19日以前の利用分については残高に応じた返済金額となります。どこで借り入れるかによって、翌月6日の返済金額が異なる点は気をつけたいところです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 ≪頑張って融資!≫中小企業の味方です!優良消費者金融紹介! All Rights Reserved.